株式会社不動産JP

 文字サイズ
         
 
コンテンツヘッダ
株式会社不動産JP HOME >> 田舎暮らしガイド >> 仕事の探し方
田舎暮らしガイド
田舎暮らししようよ|仕事の探し方|地域の情報の調べ方
生活必需品はどうやって探すのQ&A

田舎暮らしでの仕事の探し方

「農業・ペンションオーナー・芸術家……」
田舎暮らしであなたならどれを選ぶ!?

田舎暮らしは憧れるけれど、本当に仕事は見つかるのだろうか。
いつかは農業で生計を!と思っているがどうすればいいのだろう。
田舎暮らしをする上で仕事に対する不安はつきもの!でも、田舎暮らしを実践し、満喫されている方は大勢いらっしゃいます。
では、実際どんな仕事をされているのか?
どのように探したのか?
ほんの一部をご紹介していきましょう。
  田舎暮らしガイド

田舎暮らしガイド

  まず、地域性を活かした仕事では、農業、林業、漁業といった第1次産業や、それに関連した職種があります。(酪農ヘルパー、肥料販売の営業など)があります。
また、「農業を始めたい!」と思っても、何から手をつければいいかわかりませんね。そんな場合は、新規就農者を支援するセンターや各市町村役場の窓口で相談してみましょう。
たとえば、各都道府県で全国新規就農相談センター主催の「農業体験相談セミナー」や「I・Uターンフェア」などに参加されてみては? 新規就農の先輩訪問ツアーでは、現場の生の声を聞くことができますよ。

全国新規就農相談センター
http://www.nca.or.jp/Be-farmer/
次に、地元の企業に勤めるという方法もあります。たとえば、過疎地では、移住者を支援し採用を優遇してくれる会社もあります。希望する企業が見つかれば、求人募集がなくても、一度問い合わせてみましょう。「この町で暮らしたい」とアピールすることもお忘れなく。
最後は、自宅で働くケースです。ペンションや飲食店経営、あるいはSOHOという自宅兼事務所として、IT関連(WEBデザイナーやネットショップ経営)、翻訳などの執筆をてがけていらっしゃる方もいます。または、工房(陶芸、木工など)を開き、職人として生計を立てる方も少なくありません。
田舎暮らしは芸術家になることも夢ではないようです。
コンテンツフッタ