株式会社不動産JP

 文字サイズ
         
 
コンテンツヘッダ
不動産JP HOME >> 田舎暮らしガイド >> Q&A
田舎暮らしガイド
田舎暮らししようよ仕事の探し方地域の情報の調べ方
生活必需品はどうやって探すの|Q&A

田舎暮らしQ&A

田舎暮らしでは生活が豊かに一変します!

田舎暮らしを始めるに当たっての疑問・不安、にお答えします。
質問は、メールでどうぞ。 info@inakabukken.com

Q.田舎暮らしで絶対に必要なものってなんですか?名古屋市 営業販売員 K.Tさん 35歳
A.自家用車と車の免許は必要になります。
田舎では公共の交通機関が不便な所が多く、そのため移動手段は車となります。地方では、車は一家に一台ではなく,一人一台保有しているご家庭が多いのです。ご主人が仕事で不在のときでも、日中奥さんが車を利用できるように、免許のない方は田舎暮らしを始める前に取得されるほうがいいでしょうね。引越してすぐに車に乗れるよう運転にも慣れておきましょう。
ただし、道路では車の台数も少なく、運転しやすいことは間違いありません。
Q.地方によっては、支援制度があると聞きましたが?  大阪府 会社員 N.Mさん 29歳
A.税制面で優遇されている市町村があります。
住宅建設助成金だけでなく、出産祝金や子育て支援金などの制度がある各自治体もありますので、各市町村役場でその旨をお訪ねになってください。
移住を歓迎され、親身になっていろいろと相談にも乗ってくれる過疎の町もあるようです。
Q.田舎では本当に物価は安いのでしょうか?   神奈川県 会社員 S.Kさん 48歳
A.実は田舎では物価が安いとは言い切れません。
大手スーパー間の価格競争により、都会のほうが安いときもあります。ただ、田舎暮らしでは都会とは出費の内容が異なり、トータルで生活費が少なくてすみます
まず、食費は減るでしょう。家庭菜園で無農薬の安全な野菜を作ったり、ご近所からのいただきものが増えることは間違いありません。おいしい水が常時水道の蛇口から出てくるので、普段の生活では水も購入しなくなるでしょう。
また、衣服に関しては、おしゃれなブランド服よりも機能的で安い服を着るようになり、スーツのクリーニング代もかからなくなります。出費が増えるのは、田舎暮らしで必要な道具類を購入するためです。雪国であれば除雪用のスコップは必需品になります。
また、家のメンテナンスや手作りするためのDIYツール(日曜大工用品や工具)や家庭菜園用のスコップやくわ、それらを収納する物置きも必要になってくるでしょう。 出費といっても、田舎暮らしではどれも生活に欠かせないものばかりです。簡単には物が手に入らない環境だからこそ、それらの道具により作られたものや道具のありがたさに、田舎暮らしではきっと気づかされることでしょう。
コンテンツフッタ