株式会社不動産JP

 文字サイズ
         
 
コンテンツヘッダ
株式会社不動産JP HOME >> 田舎暮らしガイド >> 物件の探し方、種類
別荘ライフの楽しみ
リゾートしようよ!|物件の探し方、種類|新スタイル過ごし方Q&A
物件の探し方、リゾート地の種類
別荘で一番したいこと何?

「近くの遊歩道で散歩したり、静かにゆったりと過ごしたい」
「眺望を堪能しながら温泉に入りたい」「ゴルフやスキー、マリンスポーツも楽しみたい」
でも、どうやって探せばいいんだろう。何から計画を進めればいいんだろう。
リゾート情報って意外に知らないことが多いですよね。そんな方のために、物件探しのコツや入手方法などをご紹介してまいりましょう。まず、購入目的を明確にすることが大切です。
 「静かな別荘がいい」「温泉ははずせない」「絶対に海のそば」
 これらすべてを堪能したい方もいるでしょうね。けれど、すべての条件を満たす物件を見つけることは容易ではありません。それには、まず別荘ライフの希望に優先順位をつけることです。
 週末だけ? 長期滞在? それとも定住?
 つぎに、滞在期間に合わせて自宅からリゾート地までのアクセス時間を考慮して、エリアを絞っていきましょう。
「週末利用タイプ」

 
片道2時間ほどでリゾート地へ着くような場所を探しましょう。また、車利用の場合、観光シーズン中など渋滞に巻き込まれないためにも、高速道路のインターチェンジから近い場所がおすすめです。
「長期滞在タイプ」 1週間以上の滞在や子どもたちの学校休みの間(夏・冬)の利用であれば、移動時間を3時間ほどに伸ばしてもいいでしょう。
※ただし、長い移動時間が煩わしくなり、利用しなくなることは避けたいものですね。
「定住タイプ」 1年のうち何ヶ月間かはリゾート地で過ごしたい場合(もしくは永住)移動時間はあまり気にせず広範囲で選ぶことはできますが、長期間リゾート地で生活する場合は移動時間よりも商業施設の利便性を重視するといいでしょう。
 大まかなエリアが決まっても、まだ迷ってしまうこともあるでしょう。
 そんなとき、一番大切なポイントになる管理サービスをチェックしてみてください。快適なリゾートライフを過ごすためには、不在時のサポートは大切です。道路・街路灯の整備やゴミ回収、建物周辺のパトロールのほかに、地域によっては除雪作業などがあり、緊急時の対応や通報などの体制が整っているかもポイントとなります。
 また、鍵の保管など、出張先から急にリゾート地を利用したいときに便利なサービスの一つです。少しずつ、希望するリゾートエリアが絞られてきたのではないでしょうか。
コンテンツフッタ