株式会社不動産JP

 文字サイズ
         
 
コンテンツヘッダ
株式会社不動産JP HOME >> 田舎暮らしガイド >> 新スタイル
別荘ライフの楽しみ
リゾートしようよ!物件の探し方、種類|新スタイル|過ごし方Q&A
今度の新スタイルは、アナタが提案者!
別荘って、誰でも購入することができるの?」
「まだ、特別な人しか利用できないような気がする…」
別荘といえば、皇族や財政界、文化人などの著名人たちの別荘が立ち並ぶ風景をつい思い浮かべてしまいますね。たとえば、別荘の発祥地“軽井沢”へは観光に行っても、そこで自分が別荘を所有するというイメージが沸きにくいかもしれません。
でも、“特別な”別荘ライフは、もう昔のこと。
今は、新しいスタイルでリゾートライフを楽しむ方がいらっしゃるのです。
最初にご紹介するのは、「別荘定住型」です。
セミリタイア組やシニア世代を中心に、別荘地へ定住するご夫婦が増えてきています。
よくあるのは、定住する前に所有していた別荘へ、ご主人の定年後そのまま住むようになってしまったというケースです。
若い世代では新幹線通勤という手段で定住に踏み切った方もいるようです。
また、将来「別荘定住ライフ」を送ろうと、環境になれるまでは別荘をセカンドハウスとして、利用する方も多いようです。
そんな中には、週末、子どもや孫たちが遊びにくるようになり、都会に住んでいた以前より、子どもたちとコミュニケーションをとるようになったという方も。
リゾートライフは家族の絆も深めてくれるようですね。
  別荘ライフの楽しみ
別荘ライフの楽しみ   「いっそのこと、別荘地で仕事がしたい!」
生活の拠点だけでなく、仕事場も別荘地へ移してしまったという場合「環境の良いところで質の良い仕事をしよう」と生まれた「リゾートオフィス」を実践していらっしゃる方もいるそうです。なかには、別荘の管理業務の仕事に就いてしまう方も。
 別荘地で暮らし、そして仕事も。これからは、こんなスタイルが増えるかもしれませんね。
別荘ライフの楽しみ   また、最近では、ペットと一緒にリゾートライフを楽しむ方が増えているようです。
温泉旅行に行くときは、「どうしても愛犬をペットホテルに預けなければならなかった」
「留守番をさせるのはかわいそう」
「飼い猫を連れての温泉は夢だった」
そんな方がご自宅から犬や猫と一緒に、別荘地で週末を過ごしていらっしゃるようです。
犬にとっては、同じ散歩でも交通量が多い都会ではストレスになるようで、飼い主と同様、緑の多い別荘地での散歩はうれしいみたいですね。
また、そんな犬のために、DIYツールを揃え、自ら犬小屋を作ろうと取り組んでいる方のお姿もみかけます。
いろんなスタイルで、みなさんそれぞれリゾートライフを過ごしていらっしゃいますが、今度は、アナタが新スタイルをご提案なさってみてはいかがでしょうか。
コンテンツフッタ